風俗の仕事

店舗の種類によって内容は変わりますが、風俗業は基本的には男性の性的欲求を満たす仕事です。
サービスの内容によって、給料やサービス使用料も変わってきます。
例えば、本番行為(セックス)ありの業種の求人であれば、当然客が払う金額も、女性がもらえる給料の額もとても大きくなりますし、女性の胸に触ることだけ許されて、射精は許されないような風俗では動く金額の単位も少なくなります。
まぁ、安くても1万円以上の金が動くことにはなりますけどね。

簡単に業種の違いについて説明すると、ソープは本番行為ありの風俗店で、他の風俗と比べて動く金額の単位がかなり大きいです。
ヘルスは本番行為こそは禁止されているものの、口で男性器を奉仕するフェラチオや女性器の中に男性器は入れないものの股で男性器を奉仕する素股などの行為を要求されることがあり、それを受けなければなりません。
ピンクサロンは女性が男性客の性器を口で奉仕することが主な仕事です。
ただし、店にシャワーが備え付けられていないため、タオルや濡れティッシュなどで拭くことしかできないので、衛生面での不安があります。
おっぱいパブでは、男性客が上半身裸になった女性従業員の胸を見たり触ったり舐めたりします。
ただし、射精はできません。
キャバクラは基本的に女性が服を脱がずに酒を飲む男性の接待をする業種です。
男性客の方から女性に触ることができないので、風俗に含めるかどうかは人によって変わります。

何にせよ、男性を性的に満足させる仕事ということには変わりなく、そういうことに抵抗感を覚える方は、回避された方がいい業種です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>